11月20日(火)コミュニケーション基礎コース

こんにちは。事務局の山家2号です!
11月も半ば、風も冷たく冬の足音を感じるこのごろですね。

さて、今日のコミュニケーション基礎コース。

生徒のみなさんで、「ろうと聴の違い(ろう文化)」について話し合ってもらいました!

ろう者は生まれつき耳が聴こえないために、耳から情報が入らない環境で育ってきています。
目で情報を得るのですが、聴者と比べると情報量も圧倒的に少ないです。

そのために、ろう者と聴者の考えや捉え方の違いも出てきたります。
ろう者が聴者の文化を知らず、また聴者もろう者の文化を知らないので、お互いに誤解が生じてしまうこともあります。

それぞれの特性を知って、お互いに理解する必要があります。

生徒のみなさんは全員聴者で、ろう者とあまり関わったことがない方もいらして
なかなか思いつかないようでした。
「分からない時は、想像してみよう」と花井講師。

「ろう者は音楽が分からないので、苦手な人が多い」
「日本人は言葉の表現があいまいだったりするけど、ろう者ははっきりしているよね」
「ろう者は示すために指さしをするけど、それが聴者は意味を知らずに失礼だと感じてしまうことがあるよね」
「ろう学校は人数が少ない。お互いの顔と手話が見えるようにするためだよね」
「ろう者はインターフォンの音が分からず、音を知らせるランプを部屋全部につけられないので不便」

生徒さんも、色々と意見を出していました!

花井講師も、自身の経験と聴者との関わりで知ったことを説明していきます。

日本人に多い「すみません」。意味が広く、便利な言葉かもしれません。
手話では「ごめんなさい」という手話で表すのですが、例えば聴者がろう者からお土産をもらって「すみません」と言うと、ろう者は「なぜ謝るの??」となるのです。

何かしてもらったら、「すみません」より「ありがとう!」の方が、気持ちも伝わります^^

ろう者と聴者の違いを知ったうえで、
お互い理解してコミュニケーションがとれると良いですね。

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1