11月8日(木)コミュニケーション応用コース

こんにちは。事務局の山家2号です!

さて、今日のコミュニケーション応用コース。

まず、「歴史のマンガ読んだことある?」という話になりました。

例えば電気を発明したエジソンなら、「電気」+「化学(実験)」+「男性」で表すと分かります。

野口英世なら、特徴ある髪型のCLを表します。
それでも分からなかった人には、「医者」「お札にもなった」「赤ちゃんの時に囲炉裏から落ちてケガした」と連想できるようなヒントを出すと、理解できたようです。

指文字で名前を表したとしても、日本語が苦手なろう者を含む人は分かりづらいので
実績や髪型などの特徴をイメージで表すと分かりやすいのですね。

 

次は、何と「手話を、人差し指だけで表して会話してみよう」です!
手話は、手指全てを使って表すので「えっ人差し指だけ⁉」となりますよね・・。

相手が何を言いたいのか?この動きから分かることは何なのか?
手話にとって重要な想像力が鍛えられます。
逆に、表現する方は表情と動きに強弱をつけて工夫することで、相手に伝えられるようになります。

遊び心満載ですが、実は表情・表現力・想像力・工夫力・・手話にとって必要な力が鍛えられ、
相手に通じるかどうか楽しみながら、コミュニケーションの練習もできるのですね。

花井講師しかできない、オリジナルの授業です(笑)

次はさらに難易度が上がり、ドラえもんのように握りこぶしで手話を表し、会話することになりました。


(手をグーにして生徒さんたちと会話し、盛り上がっています笑)

手を握るので大きく見えてしまい、本当は手を広げて表したくてもできないので
伝えたいことがなかなか伝わりません。工夫が必要になってきます。

例えば「男性」は親指を立てて、「女性」は小指を立てて表すのですが
それをグーのままで表すのです(笑)
もちろん、それだけではありません。花井講師は、自分とこの人は「男性」、あっちの人たちは「女性」と指して
ヒントを表し、手をグーにした状態でも「男性」「女性」が分かるように工夫していました!


(相手に分かるよう表情に強弱をつけながら、工夫して表現しています。)

花井講師と生徒さんたち全員が、ドラえもんのように手をグーにして工夫しながら、
手話を表して会話しているのは、とてもかわいらしく面白かったです(笑)

いつも手指全体を使って手話を表していますが、グーにした状態で相手に伝えるには?と
遊びの気持ちで試してみてくださいね^^

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1