10月30日(火)初級コース

スタッフ

こんにちは。事務局の山家2号です!

さて、今日の初級コース。

文章を見て、手話で表現する場合のコツと練習をしました!

文章と単語の手話表現を考えて、そのまま並べてしまうと
日本語対応手話になります。

ここでは日本手話で、すぐイメージができるような
目で見て分かりやすい表現にしていきます。

花井講師が製作したHANAIプロダクションのホームページの文章を
TVモニターに映し、花井講師が手話表現のお手本を見せます。

生徒さんも一緒に手を動かし、文章の意味をとらえた手話表現を覚えていきます。
最後は、生徒さんが自分で全て表現をします。

例えば、「テーマや内容について相談する」という文は、
「テーマ」「内容」「相談」という単語を並べるのではなく、人が集まってテーマは何?内容は何?と相談している様子を表します。そうすると、すぐイメージができますね。

文章の意味をとらえ、イメージで手話表現するのがコツですが
なかなか難しい・・。

そんな時は、とにかく花井講師の手話表現を真似ることに尽きます!
「この文章は、こういう風に表現するんだ」と分かるだけでなく、手話の1つ1つの分かりやすい表現方法も身につきます。

まずは、花井講師の手話表現をよく見て、同じように手を動かすことから始めてみましょう^^

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1