10月18日(木)ステップアップコース

スタッフ

こんにちは。事務局の山家2号です!
久しぶりの手話の授業で、生徒さんたちもドキドキしていたそうです(笑)
慣れてくると色々思い出したようで、楽しそうでした^^

さて、今日のステップアップコース。

テーマは「CL法」。

人・もの・風景などの特徴や形状を、手のみで表現する手話特有の表現方法です。

しかし、分かりやすく豊かな表現にも関わらず、意外と知られていないのが事実です。
ろう者であっても、知らない人も多いです。

花井講師によると、高齢のろう者が使うのはCL80%・手話20%だそうです。
しかし若いろう者はCLをあまり知らず、指文字を使うことが多いそう。

このため聴者だけでなく、若いろう者と高齢のろう者の会話にもズレが生じてしまうことが
多いのだそうです・・。

そこで、会話の中で自然にCL法を表現できるように
「CL法を磨く!」をテーマに授業が進みます。

「手話を使わずにCLだけで会話をしてみよう」と花井講師。

もちろんCLだけでなく表情がとても大切です。
表情によって、様々な意味に使い分けることができるのです。

自転車のハンドルはどんな形?まっすぐ?曲がってる?とハンドルの形状を表現するのも、CLです。

他には、荷造りで様々な形のポーチやバッグの特徴、風に揺れる前髪、駐輪場で自転車が交互に斜めに止められている様子、
お茶碗の種類や形など・・。
どれも簡単にCLで表現できます。


(右手でナイフ、左手でフォークを表しています。これがCLです!)

しかし生徒さんたちは難しく考えてしまうようで、なかなか思い浮かばないようです。
まずは「短く分かりやすくを意識してみよう。身近なものにもヒントがいっぱいあるよ」と花井講師。

せっかくの手話表現が学べる一時間半です。
自信がない、間違っているかも・・と思わず、どんどん発言・発表していきましょう!
もし違っていたとしても、それは意味あるものです。花井講師や他の生徒さんにとっても発見になりますし、
花井講師の助言と修正で、より良い表現を磨くことができます。

まずは、思いついたらすぐ発言・発表をしてみましょう^^

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1