7月31日(火)コミュニケーション基礎コース

こんにちは。事務局の山家2号です!
台風が一過し、暑さが戻ってきましたね・・。

さて、今日のコミュニケーション基礎コース。

コミュニケーション基礎コースは、手話の経験やレベルも様々な生徒さんがいらっしゃいます。
花井講師と生徒さん同士で、手話で楽しくコミュニケーションをとりながら
工夫力や表現力・会話力を学んでいきます!

 

ちょっとした会話で、
「冷房で寒くなってきたらあっちの席に変える」を冗談で「あっちの席に引っ越す」と表現することがありました。

「引っ越す」は家を表現して、それを動かすイメージで表すので
真面目に読み取ると「えっ?引っ越し??」と意味が分からなくなってしまうかもしれませんね。

そこで「冗談」という手話を知らない生徒さんがいらしたので、
その生徒さんに説明するため、「冗談」を使った流れ(例文)を考えました。

例えば「昨日、月に行ってきたの!・・なーんて、冗談だよ~」
「わさびが大好きで、わさびだけ食べてる!・・うそうそ、冗談よ~」という感じです(笑)


(「冗談」の手話。両手を顔の横から前へ2回払うようにして、表現します。「冗談だよ~」と笑う表情も忘れずに!)

その時、手話を知らなかった生徒さんが「分かった」と言っても終わりではなく、
同じように流れ(例文)を考えて、表現してもらいます。
本当に意味を理解できているかどうか、誤解やズレが生じていないか確認することが大切です。

こうすることで、手話を知らない生徒さんはどういう時に使う手話なのかを学び
既に知っている生徒さんは、どう工夫して分かりやすく伝えるか学ぶことができるのですね^^

 

次は、「指さし」を使った表現を考えました。
人差し指をたてて、表現する内容によって色々な方向を指さして表します。

「指さし」は位置を表す、とても大切なものです。
例えば「友達/とても面白い/横(指さし)」
「あっち(指さし)/座っている/上司/面倒」など・・。

上司が座っている席の位置も、向かいなのか後ろなのか、指さしによって意味が変わってきます。


(左と右では、指さしの方向が違います。意味も変わってくるので、よく見ましょう!)

次は、「分かりやすく伝えるためにも、CL表現を磨くことが大切だよ」と花井講師がCL表現し、
それを生徒さんたちにも同じように表現してもらいました。

例えば、飛行機のCL表現を使った内容です。表情によって意味が変わります!
「(飛行機)着陸できない」→「着陸/できない(パー)」
「(飛行機)着陸できないの?」→「着陸/できない(パー)/?(眉を上げる疑問の表情)」
「(飛行機)着陸できないんじゃない?」→「着陸/できない(パー)/じゃない?」

表情は良くても飛行機の表現を間違えてたり、逆に飛行機の表現は良くても表情が足りなかったり・・
「惜しい!難しいけど、全部スムーズに表現できるように頑張ろう」と花井講師。

最後には、花井講師オリジナル版の「桃太郎」で盛り上がりました!
現代版の桃太郎は洗濯機から桃が出て来るとか、桃太郎と桃子の双子とか
ハイテク機器を駆使して鬼を退治するとか・・(笑)

花井講師の豊かな表現と面白おかしな内容に、生徒さんたちも引き込まれ大笑いでした。

手話のレベルは関係なく、お互い楽しく高め合っていけると良いですね^^

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1