6月20日(水)コミュニケーション応用コース

こんにちは。事務局の山家2号です!

さて、今日のコミュニケーション応用コース。

「テーマは自由だよ。遊びで会話してみよう」と花井講師。

決まったテーマで、真面目に会話しなければいけないわけではありません。
遊び心があっても良いのですね^^

しかし「テーマを自由に」と言われても、すぐには思いつかなかったりしますね・・。
生徒さんたちも固まってしまいました(笑)

 

つい「無理無理、難しい」と弱音が出てしまうことも・・。
自信がないがために、それがいつの間にか癖になってしまうことがあります。

「『私には無理、難しい』ばかり言っていると、他の人も『私も無理かも・・』と思ったりして周囲にも広がってしまうんだよ。言葉は大切だよ」と花井講師。

「もっと自信をもっていいんだよ。プラス思考でいこう」と励まします。

手話が読み取れなかったり、良い手話表現が見つからなかったりと壁にぶつかってしまうこともあるかもしれません。
英語と同じように日本語とは違うので、知らない表現がたくさんあって当然なのですね。

あせらず、分からないことはどんどん質問しながら、少しずつ覚えていきましょう^^

 

「乗り越えてきた壁は何?」という話になり、生徒さんがある資格試験に挑んだことを話してくれました。
「何の資格試験?」と他の生徒さんが尋ねると、「恥ずかしいから・・内緒」と言いました。

そうすると、「今のはろう者にとって、失礼になるんだよ」と花井講師。
恥ずかしさがあったり軽い気持ちかもしれませんが、ろう者がコミュニケーションとろうとしている時に壁を作ることになってしまうのです。
もしあまり話したくない場合は、安易に話し出したりテーマにしない方が良いかもしれませんね。

資格試験に関する会話で「介護」の手話が出てきたのですが
手話本に載っている漢字の「介」を表現する手話を覚える人が多く、イメージが分かりづらかったりします。
「高齢者の世話」というように手話表現すると、分かりやすいですね。

こうして手話表現を修正していきながら、会話を進めていきました。

「人も考え方もコミュニケーションも様々だね。視野を広げることが大切だよ」と花井講師。
こうして、より深いコミュニケーションができるのですね。

最後は、花井講師が経験したことを自然な日本手話で話し
生徒さんたちも時々質問しながら、目で聞き入っていました。

教室で手話表現を学ぶだけでなく、
直接花井講師から、ろう者の声が聴ける貴重な機会でもあります。

ぜひこれまでに学んだこと、初めて知ったこと、感じたことを大切にしてもらえると嬉しいです^^

3ヶ月間、本当にお疲れさまでした!

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1