5月23日(水)アメリカの手話通訳士ジェイドさん再来日!初級コース

スタッフ

こんにちは。事務局の山家2号です!
何とアメリカの手話通訳士のジェイドさんが、1年振りに再来日しました。
花井講師と再会を喜び合っています^^

さて、今日の初級コース。

初めて会うジェイドさんに、生徒さんたちもドキドキ&興味津々でした^^

ジェイドさんはアメリカ手話のみで、日本の手話はあまり知りません。
手話を知らない聴者と同じような感じですね。

工夫して会話してみよう!と花井講師。

生徒さんたちの方から、ジェイドさんに自由に質問してもらいました。
日本の手話を知らないので、表情や身振りや動きなど工夫しながら、伝えていきます。
「いつから手話の勉強しているの?」
「泊まっているところは?」
「日本の食べ物で好きなのは?」


(ジェイドさんと生徒さんのやりとりを見て、花井講師がツッコミする一面も笑)

しかし、ついつい日本の手話で表現してしまい、ジェイドさんも「???」となることもありました。
そんな時は、ジェイドさんも覚えたての日本の手話で、「この手話なあに?」と尋ねていました^^
時々、花井講師が助け舟を出しながら進めていきます。

ジェイドさんも少し覚えた日本手話とアメリカ手話を織り交ぜながら、会話をしている感じです。

生徒さんたちはアメリカ手話を知らないので、表情や話の流れを一生懸命読み取っていました。
見たことのない手話表現があると、そればかりに気をとられがちなのですが、
大切なのは話の流れから想像することです。

次は、生徒さんたちが単語を選び、工夫し使い方を説明して
ジェイドさんに覚えてもらいます。

例えば人差し指と親指を立てて曲げたものを1回前へ動かして表現する手話ですが、
同じ手話表現でも、表情によって意味が変わります。

①あ~変わらないね~という表情 →「変わらない」「相変わらず」
②強い・かたいイメージの表情 →「かたい」「しっかりしている(頑強・丈夫)」

①の意味では、「結婚して何十年経っても仲良し」
「結婚」「10年・20年・・〇年」の手話表現をジェイドさんに覚えてもらい、ハートマークを作ってラブラブな様子を表現したりしました。
②の意味では、「父が頭かたい」
「父がスマホダメと言う」や「彼連れてきたら結婚ダメと言う」など表情と身振りで表現しました。

ジェイドさんも、それぞれイメージがつかめたようです。
自分にも経験があると話してくれました(笑)

花井講師が分かりやすく補足して説明しながら、ジェイドさんに1つ1つ覚えてもらいました。
逆にアメリカ手話でどう表現するの?と教えてもらい、生徒さんも「なるほど!」と楽しそうでした^^

生徒さんたちも、ジェイドさんとのコミュニケーションの中で、発見がたくさんあったかと思います。
なかなか出来ない、とても貴重な時間になったのではないでしょうか。

国や言語が違っても、工夫すれば通じ合える喜びがあります。
ぜひこの経験をいかしてくださいね^^

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1