5月21日(月)初級コース

スタッフ

こんにちは。事務局の山家2号です!

さて、今日の初級コース。

生徒さんの中に、遠方から通ってくださっている方がいらっしゃるのですが、
家から職場までの乗り換え駅について説明してもらい、他の生徒さんがイメージできるかどうか表現を考えました。

その方のお住まいは千葉県の成田空港近くで、職場は東京なので2時間もかかるそうです。
しかし乗り換えは1回だけとのことでした。

大きな川とスカイツリーを通って・・と説明したのですが
他の生徒さんが「柴又」をイメージしたようで、寅さんの帽子と服装を表現して「ここ?」と尋ねました。

確かに「男はつらいよ」は長年愛された有名な映画で、
帽子をかぶる寅さんのクセや、外見の特徴を表現したら分かるかもしれませんが、
ろう者の中には知らない人もいます。

その場所の「有名なもの」よりも、大きな駅からどれくらいとか、乗り換え駅は千葉と東京のどっち?と尋ねる方が分かりやすいよ、と花井講師。

渋谷や品川や横浜など、大きな駅の手話表現を覚えておくと便利ですよ^^

 

初級クラスには、手話を学び始めて短い生徒さんや経験が長い生徒さんもいて、分かる範囲やレベルも様々です。
そこで、まだ知らない手話表現が多い生徒さんに、経験の長い生徒さんが1つ単語を選んで流れを作り、説明しました。

手話がまだまだの生徒さんは、読み取りや想像力を働かせ、新しい手話表現を覚えることができ
経験の長い生徒さんは、どうしたら分かりやすく伝えることができるか、工夫力が鍛えられます。

手話が分からない時は、身振りや表情、動きを使って工夫しても良いのですが
やはり手話表現を覚えた方が、会話の幅も広がります。

【久しぶり】→「小学時代に引っ越してしまった友達と、大人になってから久しぶりに会った」
【努力】→「幼少時から努力してきて、プロ野球選手になった」
【勝負・試合】→「野球でAチームとBチームが試合する」
【競争・ライバル】→「モデルの世界は私が一番キレイ!いや、私!と競争が激しい」
【試験・テスト】→「試験は難しい」
【合格】→「大学に合格した」
【会社】→「あなたの会社は何?」「マツダだよ」

競争と試験の手話表現は同じなのですが、意味が違います。
話の流れや内容をよく見て、どちらなのか理解することが大切になってきます。

 

1つ単語を覚えたら、その単語を使って、短く例文を作り表現してみましょう。
それができるようになれば、覚えやすいだけでなく伝えたいことが表現できるようになります。

1つ1つ覚えていきましょう^^

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1