4月28日(土)入門コース

スタッフ

こんにちは。事務局の山家2号です!

さて、今日の入門コース。

振替出席の方が多く、にぎやかでした^^

まず、花井講師が数字4桁(1000~9999)と5桁(10000~99999)を表現し
生徒さんが読み取って、答えを空書します。

目で見ることに慣れてもらうために、
花井講師の表現のスピードもどんどん上がっていくのですが(笑)
なんと一発で読み取れるようになった生徒さんも、何人かいらっしゃいました!

しかし自分で表現するとなると、頭の中で、「千」「百」「十」の表現を確認しながらやっているからか
まだまだ硬くなってしまうようです。
つい間違えてしまったり、表現が崩れてしまうこともあったので、1つ1つ数字の表現に慣れていきましょう^^


(多かったのが、数字「70」を表現する時に、つい立ててしまうことでした。)

次は、会話の手話表現です。
「あなたの誕生日はいつ?」→「〇月〇日です」
「あなたの星座は?」→「〇〇座です」
「あなたの血液型は?」→「〇型です」

この時、最初に「あなた」と指さすのですが、肘を曲げて優しく指さすのがポイントです。
ついつい腕を伸ばして、強く感じるような指さしになってしまわないように気を付けましょう^^


(血液型「B」を表現する花井講師。)

一番大切なのは、尋ねる表情です。
眉毛を上げて「?」と表現するのですが、慣れないとなかなか難しいので、こればかりは数を重ねて身につけていくしかありません。
逆に無表情だと、「会話」なのか「質問」なのか分からなくなってしまうので、ぜひ尋ねる表情を磨いていきましょう。

 

最後はコミュニケーション力を磨くことにチャレンジしてみました。

「あなたの身長は何㎝?」「145㎝です」だけで終わるのではなく、
「145㎝?小さくてかわいいね」「182㎝!大きいね」とさらにコミュニケーションしていきます。

さらに花井講師は「真面目」と「冗談」の手話表現についても説明しました。
コミュニケーションには、この2つを使い分けることが大切になってきますね^^

例えばA:「あなたの身長は?」B:「160㎝です」
A:「1万6000㎝!?高~いね」B:「あるか~っ!(笑)」 こんな感じです(笑)

生徒さん同士でこの会話をして、盛り上がりました^^

最後は同じ手話表現が、話の流れによって意味が変わるものを学びました。
胸の辺りで開いた手を握り、「信じる」「自信がある」
胸の辺りで握った手をおろしながら開いて、「信じない」「自信がない」

と言う意味になります。

「あなたはオバケを信じる?」→「信じない!」
「自信があるのは?」→「長距離走ること!」
というふうに使います。話の流れをよく見て、使い分けるのがポイントです。

 

本当に盛りだくさんの内容でした!
ぜひ1つ1つ覚えていってくださいね^^

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1