4月25日(水)コミュニケーション応用コース

こんにちは。事務局の山家2号です!

さて、今日のコミュニケーション応用コース。


(どちらの手話表現がきれいに見えるかどうか?生徒さんたちに手話表現を見てもらっています。)

振替出席で、初めて顔を合わせる生徒さんがいらしたので
花井講師も交えて、自由にコミュニケーションをしました。

そしてその中で、花井講師が修正した方がいい表現を取り上げ、説明していきます。

「電車」「飛行機」「車」など乗り物ですが、表現ひとつ間違えると
分かりづらくなったり下手に見えてしまいます。

例えば「飛行機」。離陸する様子をまっすぐに表現するのですが
手首を曲げて表現してしまうと、きれいに見えないだけでなく、何なのか分かりづらくなってしまいます。


(右の方がきれいに見える「飛行機」の手話表現。左のように手首を曲げただけで、違うものに見えてしまいますね。)

「手話の1つ1つが大切だよ。意識して表現してね」と花井講師。

自分の手話表現が自分では見えないので、なかなか気づきにくいところです。
携帯で自分の手話を動画撮影して、見返して修正すべき点を改善していくのが
上達するヒントになるよ、と花井講師はよく話しています。

ぜひやってみてくださいね^^

ある生徒さんが、「家の冷蔵庫が調子悪くて・・冷蔵庫の冷凍庫が」と手話表現した時、
「わざわざ冷蔵庫の冷凍庫と表現すると長くなってしまうよ。引き出しを開ける表現だけで分かるから大丈夫だよ」と花井講師がアドバイスします。

短くまとめるコツ、無駄を省くコツが大切になってきます。

その生徒さんは、冷蔵庫だけでなく、プリンタやトースターも調子が良くないとのこと。
「プリンタ」は片手で紙がハイスピードで何枚も出てくる様子を表現します。
「トースター」は片手でパンを表現し、ふたを開けて取り出して「あれ?焼きが足りない・・」と表情で表すことで調子が良くないことが分かりますね。

実は花井講師は、とても家電に詳しいのです!
ソニー・パナソニック・シャープなど・・各社の特徴や新商品についての知識も豊富です。

水に強いのが良いとか、きれいに印刷できるのが良いなどニーズを伝えると、おすすめの家電を教えてくれます^^
生徒さんのニーズを聞き出し、金額や特徴を説明していくと
みなさんも「なるほど~!」と頷いていました。

最後に、授業で生徒さんたちが内容を思いつかなかったり、遠慮して黙ってしまうことがあるので
「もっとどんどん発言していこう。コミュニケーションをとっていく中で生まれるものもあるよ」と花井講師。

せっかくの授業、それも限られた1時間半だけです。
どんどんコミュニケーションを磨いて、濃い時間にしていきましょう^^

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1