3月13日(火)初級コース

スタッフ

こんにちは。事務局の山家2号です!

さて、今日の初級コース。

手話特有の表現である、CL表現を磨きました!
CLと言っても、例えば手指で「人」や「環境(ドアや壁、建物や自然など)」を表すだけではなく
物の形や厚さを正確に表現したり、人や動物などの見た目の特徴を表すこともCLであり、多岐にわたります。

今日は、生活に関するCL表現を考えました。
ここで注意することは、
■あまり長くなりすぎないこと
■表現が「短い」と「簡単」では意味が違うこと、です。

テーマは「生活に必要なもののCL表現」ですが、生徒さんなかなか思いつかなかったようで
花井講師がヒントとして、商品を探している客に扮しました。
お店にシャワーヘッドを探しに来ている設定です。

「いらっしゃいませ」
「シャワーヘッドを探しているんだけど」
「はい、このようなものがございますが(丸いシャワーヘッドのCL表現)」
「丸いのはイヤだな。他にはない?」
「こちらはこの形ですが(角ばったシャワーヘッドのCL表現)」
「おっ、いいじゃん」

こんな感じです(笑)
店員役の生徒さんは、一生懸命商品のCLを考えて表現しました。

しかし、花井講師から「こんなデカいシャワーヘッドないよ(笑)」「この形ってある!?」とツッコミが入り、大爆笑でした。
CL表現する中で、大きさも実物に近づける必要があります。表現に気を付けないと、大きすぎたり小さすぎたり間違った大きさが伝わってしまいます。
実物をイメージして、それをなぞってみましょう^^

次はくつのCL表現やパンのCL表現を磨きました。

例えば靴ひもがあるもの、マジックテープで止めるもの、靴底の厚さ、サッカーや野球のスパイクの特徴など表現しました。
そういえば、厚底が流行っていたこともありましたね(笑)


(左:左手で表した靴底に、右手で靴底の厚さを表現しています。右:サッカーのスパイク靴。左手で表した靴底に、右手で何回か凹凸を作り表しています。)

パンのCL表現は、とても美味しそうなものばかり・・。考えるのも楽しいものですね^^
パンを食べた時のイメージで、両手でふわふわ・もちもち・さっくりなど食感や柔らかさを表現しました。
表現だけでなく、表情も大切です。

みなさん「CLって難しい」とおっしゃいますが、少しでもできるようになると楽しくなりますよ^^
例えば好きなパンは、どんな形でどんな食感ですか?表面に光沢がありますか?ざらざらしていますか?

それを道具を一切使わずに、表情と手指だけで表現できるのは、すごいことだと思いませんか?

あまり難しく考えずに、楽しみながら1つ1つCL表現を身につけていきましょう^^

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1