2月22日(木)初級コース

スタッフ

こんにちは。事務局の山家2号です!

さて、今日の初級コース。

都道府県の手話表現を学びました!
47個ありますが、全て表現できるでしょうか?その前に全ての名前が言えるか、場所が分かるか怪しいところです・・(笑)

まず順番に、生徒さんたちが知っている都道府県の手話を1つ1つ挙げてもらいます。
手話表現を知っている人、知らない人がいてまちまちなので、「今の分かるかな?」と確認していきます。

分からなかった生徒さんには、その都道府県のイメージや有名なもの、名物などヒントを出して説明していきました。
例えば「お米が美味しいところ → 新潟」
「温泉が多い → 大分」
「みかんの産地 → 愛媛」
「広い湖がある → 滋賀県」などです。

もちろん産地だと他にもあるのですが、違う答えが出た時は「他の方だよ」とヒントを出していきました。
みかんの産地 → 和歌山? → 他には? → 愛媛!という風にです。


(「長崎」の手話表現。長崎にある「平和の像」と同じポーズで表現します。他に「長」と「崎」の2つの手話表現で表すものもあります。)

都道府県の手話ですが、その地の名物を表すものもあります。
例えば「山形」は「さくらんぼ」の形を表します。
「山梨」は「ぶどう」を表します。
「広島」は「鳥居」を表します。

また、「大分」のように地図の位置そのまま表現するものもあります。

とても面白いですね!


(「島」の手話。左手で島、右手で海を表しています。「福島」や「島根」などで表現するので、ぜひ覚えましょう!)

1人1人47都道府県を答えていき、最後には「あれ?あと何があったかな?」「残りいくつだっけ?」と分からなくなってしまいました(笑)
調べてしまえば簡単ですが、それではイメージ力がつきません。またどこの都道府県の手話か理解するための会話のやりとりも大切です。

自分の出身地や、よく知っている県の周りを考えるとイメージしやすくなります。
例えば東京の上は埼玉、下は神奈川、右は千葉というようにです。

ついに47都道府県全て完了したので、答え合わせです(笑)
TVモニターに地図を映し、花井講師がCL表現で「○○県の右は?」と質問して生徒さんが県名を答えていきました。

(位置をCL表現する花井講師。例えば左手が東京だとすると、右手は埼玉になりますね。)

手話表現だけでなく、CLを使った位置の確認も大切です。
名前だけにとらわれるのではなく、位置もイメージできるようになるといいですね。

生徒さんたちに出身地を聞いてみると、何と全員東日本で、西日本は花井講師のみでした(笑)
「あの県の隣は何だっけな~?」「漢字は何だっけ?(笑)」と皆でうんうん唸りながらも、大盛り上がりの授業でした!

これからも1つ1つ、楽しく覚えていきましょう^^

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1