12月4日(月)初級コース

スタッフ

こんにちは。事務局の山家2号です!

さて、今日の初級コース。

「位置を伝えるCL表現」「特徴を伝えるCL表現」を磨きました!

いろいろな色が全部で12個、TVモニターに映し出されています。
2人組になり、1人が自由に色を決めてその位置をCL表現し、もう1人がどの色か答えます。
手話を知らない色もあったので、ついでに覚えました^^

入門の授業では、TVモニターの大きさを表現してから、その色の位置を表しもう片方の手で指さししていました。
ここではTVモニターの大きさを表現せず、このまま片手だけで位置を表します!
自分の真ん中より左側・右側を意識して、位置を表した手を目で見ることで、読み取る側は位置が近いか遠いかが分かりやすくなります。

表現する方も伝えるために工夫が必要ですし、読み取る方もイメージして理解する必要があります。
鍛えられますね!

自分から見た向きを表現するので、読み取る方は逆にイメージする必要があるのですが、混乱してしまわないように慣れていきましょう^^

次は、家のイラストを表現していきます。
大きさ、屋根の形、窓やドアの位置など特徴をつかんで表現するのですが、自分が表現しているものは見えないので、自分で思っているものと違っていたりします。
とにかく空間を意識して、イラストを目に前に持ってきてなぞるイメージで表現してみましょう^^

生徒さん1人ずつ選んで前に出てもらい、家のイラストをCL表現してもらった後に
他の生徒さんたちがたくさんあるイラストの中からどの家のものか当てていきます。

花井講師が表現すると、とても的確なのですぐ分かります!
例えば2FのベランダをCL表現したり、植え込みの木が何本あってこういう風に重なっているとか、見え方を細かく丁寧に表現されていたのです。
そうするとすぐイメージでき、見つけやすくなりますね!

最初は生徒さんたちも慣れておらず、本当は逆のはずが自分から見た向きに読み取ってしまったり、表現した方もうっかり間違えてしまったりと悪戦苦闘されていました。
何回か繰り返してコツをつかむと、すぐ答えられるようになりました!

レベルが上がったら、今度は本物の家のCL表現に挑戦するそうです(笑)
素敵な家をCL表現できるようになって、相手にも伝わるような表現を目指したいものですね^^

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1