11月15日(水)初級コース

スタッフ

こんにちは。事務局の山家2号です!

今日の初級コース。

質問・回答の短い会話で、表情を磨きました!

例えば、歯ブラシの硬さを質問する時、
「あなたの歯ブラシはかため・普通・やわらかめのどれですか?」だとちょっと長いですね。
さらに日本語対応手話だともっと長くなります・・。

日本手話なら、「(あなた)+(歯ブラシの硬さ×疑問形の表情)」で表現するだけで短くできるのです!
自分でどの硬さで質問するか自由に決め、「(あなた)+(歯ブラシの硬さ〈かため〉×疑問形の表情)」で表現すると「あなたの歯ブラシはかためですか?」という意味になります。

(左手で歯ブラシの柄、右手で毛先を表しています。眉毛を上げて表情と表現のみで質問しています。)

答える側は、
「はい(頷く)、そうです」
「いいえ(首を振る)、やわらかめor普通です」だけで的確に回答できますね。

短く的確に分かりやすく。これが日本手話のすごいところです!

ただし、そのためには表情がとても大事になってきます。
疑問形の表情は眉毛を上げるのですが、難しいようでなかなか出来ない方も多いです。
「ん?」というイメージで眉毛を上げると、やりやすいかもしれません^^

確かに聴者は「~ですか?」と質問する時も声を出すだけで、表情を意識することがあまりないかもしれません。
少しずつ慣れていきましょう^^

 

次は、生活に関するCLを考えました。
例えば、電子レンジの形やボタンの位置など、家電にもCLのヒントはたくさんあります。

昔の電子レンジはターンテーブルがついていて、くるくる回るタイプが多かったのですが
今の電子レンジはターンテーブルが無くなり、パッと電気が点くイメージで表現します。
この違いも、CLで分かりやすく表せるのですね。

他の生徒さんが、「今のブラインドは電動で上げ下げができる」と表現したのですが
「わるくないけど、大きさがあいまいだよ」と花井講師。
内容は良くても、大きさの表現が抜け落ちてしまっていることが多いので
手を使って、大きさや厚さを表すことを意識してみましょう^^

CLは難しいですが、奥が深く、繰り返し表現し練習することで身についてきます。
少しずつやっていきましょう^^

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1