10月14日(土)ステップアップコース

こんにちは。事務局の山家2号です!
10月から第3期が始まって2週間ですが、体験の方がたくさんいらしてくださっています^^
出会いもたくさんあり、嬉しい限りです!

さて、今日のステップアップコース。

ステップアップコースは、各コースの中で一番レベルが高いコースです。
よりレベルアップしたい方、長く手話を学習してきたのになかなか上達しないと悩まれている方に適しています。
さらに!花井講師の自然な手話表現はスピードがあるのですが、ろう者はそれが普通なので、読み取る力もついてきます。

他の手話講習会や手話サークルで学ぶのは、ほとんどが声つきの日本語対応手話のみです。
ここではろう者の自然な日本手話を学ぶので、この違いにびっくりされる方も多いですが、日本手話の豊かな表現に魅了される生徒さんも多いです^^

*************************************************************************************************************
今日は、各地の有名なお土産やお菓子の話をしました。
そのお菓子を知らない人に伝えるには、色や食感などの特徴とCL法をフル活用します。


山梨県で有名なお土産、信玄餅をご存じでしょうか?
花井講師が「色は透明で赤い模様がついていて、結んであるのをほどくと、黄色い粉がかかっている。黒蜜をかけてつまようじで食べるよ」
と特徴をCL法も合わせて説明すると、生徒さんも「あ~分かった!!」「あれ美味しいよね」と盛り上がりました^^

(これがCL法。「このくらいの容器に入っていて・・」「黄色の粉がかかっていて」「黒蜜かけてぱくっと食べる」と説明していく花井講師。)

次は北海道で有名なお土産。
正方形で薄くて、色は肌色で、チョコが挟んであって甘い・・分かりましたか?
そう、「白い恋人」です!横から見ると、角に少し丸みがあるのでCL法で表現するのがポイントです!

(「このくらいの大きさで」「薄―い」薄さを伝える表情がポイントです!)

次はスーパーやコンビニで買えるお菓子を自由に表現してみました。
ちょっとした特徴を伝えるだけで、ろう者はすぐ分かるそうです。

(ガリガリ君のアイスの特徴を表現する花井講師。ガリガリと食べる様子とパッケージの男の子の口の大きさ、イガイガ頭ですぐ分かりますね!)

お菓子をスーパーやコンビニで見かけたら、どういう風に表現したら伝わるかな?と考えてみてくださいね。
好きなお菓子の特徴を考えて、伝える工夫をするのも楽しいものですよ^^

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1