8月21日(月)入門コース

スタッフ

こんにちは。事務局の山家2号です!
HANAIプロダクションが作成している動画「ワンポイント手話レッスン」が始まったのですが、わずか数分でとても勉強になるので、私も観て楽しく学んでいます^^
みなさんもぜひ観てみてくださいね!

さて、今日の入門コース。

身近なスポーツの表現を学びました!
例えばサッカー、バレー、卓球、野球、ラクビーなど・・たくさんありますね。

スポーツは身振りで表現できるので、生徒さん1人1人に思いつくスポーツを挙げてもらいました。
野球ならバッドを振る様子、水泳なら泳ぐ様子など、みなさんそれぞれ表現されていました^^

そして挙がったスポーツの色々な表現を学びます。
例えば「水泳」は色々な泳ぎがありますね。クロール・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライなど・・。そのまま実際に泳いでいるイメージで表現するのがポイントです!

(1対1と2対2、人が向き合っている様子。左はシングルス、右はダブルスをCL表現しています)

卓球はシングルス・ダブルス・混合ダブルス・団体戦。当然、それぞれ表現が違います。
「女子(男子)」+1対1でシングルス、「女子(男子)」+2対2でダブルス、両手で男女を表し+2対2で混合ダブルス、「団体(グループ)」の手話のみで団体戦というふうに表します。

テニスは軟球と硬球があるので、ボールの形を表して軟球は「柔らかい」、硬球は「硬い」と表現します。
スポーツは身近でイメージしやすいので、初めて見る表現でも、みなさんすぐ理解して「なるほど!」とうなずいていました^^

(左手で地面、右手でジャンプする人を表しています。この後スパイク!バレーでアタッカーが決める瞬間。躍動感が伝わるCL表現ですね。)

バレーは、アタッカー・ブロッカーなど役割があるので、それぞれの動きを表現します。
左手を横に倒してネットを、右手の人差し指でアタッカーを表し、ジャンプしてスパイクしたら、また同じ人差し指でボールの行き先を表し・・。これがCL表現です!
さらに身振りと表情も合わせることで、躍動感あふれる試合の様子を表すことができます^^

(「バスケ」ゴールに向かってシュートするイメージで表現します。)

花井講師は趣味がスポーツであり、ルールなどの知識もとても詳しいです。
バスケは何人体制?サッカーは?とクイズ形式で盛り上がりました(笑)
TVで観ているはずなのですが、いざ聞かれてみると意外と分からなかったりしますね・・。

これからも楽しみながら、色々な表現にチャレンジしていきましょう^^

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1