8月4日(金)入門コース

スタッフ

こんにちは。事務局の山家2号です!
何だか台風がゆっくりやってくるようですが・・。うまいこと進路変更してほしいものですね。

さて、今日の入門コース。

手話が初めての方にも分かるように、手話やCL法を使わず「身振り」だけに集中して質問と回答のやりとりをしました!

ちょうどクラスには振替の方がいて、手話を始めたばかりの方と経験ある方に分かれていたので、良い機会ということで身振りのみで通じ合える方法を探します。

たとえば手話を使わずに「ビール好き?」と質問したいときは、ジョッキを持って嬉しそうにごくごく飲む様子(好き)とジョッキをイヤそうに押しやる様子(嫌い)の二つを身振りで表し、どっち?と聞くイメージです。

また、「家から教室までどうやって来たの?」という質問は、まず電車のつり革につかまって揺れている様子を身振りで表した後、相手を指差し眉を上げて疑問形「?」の表情を表して相手の反応を見ます。
もし相手が頷いたら電車ということなので、次に「どのくらい歩く?」と順番に聞いていきます。なるほど!

最初に徒歩・自転車・車・電車を身振りで表してどれ?と聞くと、長くなってしまうので、まず一番多そうな電車を表して聞くのがポイントですね。

(これは手話の「料理」です。身振りは実際に包丁を握っているイメージで表します。)

経験がある方は手話を使えますが、初めての方は分からないので、まず身振りで工夫して伝えることが大切になってきます。

身振りだけで工夫して、会話のキャッチボールができるのはすごいことですね!さらに、工夫して会話を広げることもできるのです。
例えば、A山登りしたよ→Bおにぎり食べた?→Aうん→Bウサギ弓で射って捕まえて食べたんじゃ?(笑)→Aいやいやおにぎりだけ!→B食べる時におにぎり落として転がったんじゃないの?(笑)→Aいやいや(笑)→Bおにぎりこんな大きいでしょ?(笑)

(花井講師の面白く分かりやすい身振りに、生徒さんたちも大爆笑!)

こんな感じです。いかがでしょうか?(笑)
これだけの内容を、身振りだけでできて盛り上がるっていいですね!

手話だけでなく身振りも、無くてはならない大切なものです。
楽しく身につけていきましょう^^

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1