8月2日(水)初級コース

スタッフ

こんにちは。事務局の山家2号です!
今日も曇りですが涼しく、過ごしやすい一日でしたね^^

さて、今日の初級コース。

(グループに分かれ、CL表現を考え「もっと良い表現はないかな?」と相談し合う生徒さんとそれを見守る花井講師。)

人と車、交通関係の映像を観て、それを分かりやすく伝えるCL表現を考え、磨くことに集中しました。
今回の映像は、「子どもの飛び出しで危機一髪!」という内容でした。

映像は運転者の目線なので、その通りに表現します。
例えば、「信号が青になったので車を走らせようとしたら、目の前を自転車に乗った男の子が横切ってヒヤッ!すぐブレーキを踏み、事なきを得てまた走り出した。」

信号や車の位置関係、運転者の表情(自転車が飛び出してヒヤッとした、あぶないなぁ)、ブレーキを踏んで前のめりになる車など、リズムよく表現することが大事になってきます。

(右手で車、左手で横切る自転車を表しています。これがCL法です!)

慣れないと「ええと、次の表現は・・」と考えて止まってしまい、表現が切れ切れになって分かりづらくなってしまいがちです。スムーズに表現できるようになるまで、何度も繰り返し練習することも大事です^^

さらに難しい内容のCL表現にも挑戦しました!
「奥の方に2台駐車していて道路の幅が狭くなっており、その横を通ろうとしたら、スケボーとキックボードに乗った子どもが突然右横に飛び出してきて、通り抜けていった」

この内容は、まず奥の方に2台駐車していて狭いということを先に伝えるのがポイントです!道路の幅の広さが分からないと、危険なことが伝わりません。広ければ、ぶつかりそうになったりヒヤッとすることもありませんね。

(道路の狭さと、車の横を抜ける子どもたちを表現する花井講師。)

右上の写真で、花井講師が車と2人を表現していますが、その前にスケボーとキックボードに乗った子どもを表現しています。
やっぱりCL法って分かりやすく、深いですね!

生徒さんも一生懸命工夫して、CL表現を考えていましたが、前と比べてどんどん表現できるようになっていました!

繰り返し練習してCL表現に慣れると、自分の手話表現の幅も広がりますね^^
ますますこれからが楽しみです!

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1