7月24日(月)初級コース

スタッフ

こんにちは。事務局の山家2号です!
早くも夏バテ気味ですが(笑)、暑さに負けず乗り切りたいものですね。

さて、今日の初級コース。

2人組になって、昔話の手話表現を考えます。
打ち合わせ時間10分!と決めたのですが、一生懸命表現を考えているうちに時間オーバーしてしまいました。
時間を忘れないよう、気を付けたいものですね。

さらに、「2人だからこそ出来る表現を見せてほしい。また、講師の手話だけ覚えるのではなく、自分の色を出してどんどん新しい表現を試していってほしい」と熱い花井講師。

2人組になって考えることで、お互いの手話表現の確認ができ、もっと良い表現はないか?と意見を出し合うことでより良いものが生まれます^^

(「区別する」「使い分ける」の手話を表す花井講師。)

2人組で昔話の流れを発表するのですが、「桃太郎」が人気です(笑) 最初から最後までではなく、好きな場面を選んでも良いのですね。
川から桃が流れてくる場面は簡単なので、犬や猿やキジと出会って鬼ヶ島へ行く場面の方が、CLやロールシフト(1人で何役か演じる)など手話表現が鍛えられるためオススメだそうです(笑)

生徒さんも工夫して、2人で半分ずつ表現したりしていましたが、それだけでなく
・1人がCLや身振りで表現し、もう一人がナレーターのイメージで説明する
・2人でリレーのように交代で、テンポよく表現する

など、様々な方法があるよ、と花井講師。なるほど!面白いですね。

難しいと思わず音を上げそうになりますが、「とにかく試してみる・表現してみる・探してみる!挑戦することが手話表現の上達にもつながるよ」と花井講師が励まし、生徒さんたちも一生懸命ついていきます。

手話表現はひとつだけではないのですね。本当に幅広く、深いです。

そこで生徒さんから嬉しい話が!!
この教室に通い始めてから、手話表現が上達してろう者や周りの人から「手話が上手くなった」と言われることが多くなったそうです!花井講師も喜んでいました^^

あきらめずに楽しく続けていると、どんどん手話は上達していくのですね!

一緒に楽しく手話勉強頑張りましょう^^

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1