5月22日(月)入門コース・アメリカの手話通訳士ジェイドさん来日!

スタッフ

こんにちは。事務局の山家2号です!
今日、ついに・・・夢の対面がありました!!

アメリカの手話通訳士、ジェイドさんが来日して教室に来てくださいました!!
HANAIプロダクションの翻訳チャレンジに挑戦してくれていたそうです^^

ジェイドさんはアメリカ手話中心なので、日本の手話はあまり知りません。
表情や身振り、CL(手話特有の表現方法)を使って、工夫しながらコミュニケーションをとっていきます。

入門コースの生徒さんと一緒に授業も受けました^^

「山と海、どっちが好き?」の質問と回答を学びました。この質問に対して「山です。あなたは?」の後、回答が「私も山です」の場合は、手話「同じ」を表現します。
「私は海です」の場合はこのまま「海」を表現します。

ジェイドさんは花井講師の「山」表現の後、身振り「泳ぐ」を見て、すぐ「海」だと分かったようです。
また多少難しい手話表現でもさすが手話通訳士、言葉が違っても理解もイメージをつかむのも早いです!

童話「三匹のこぶた」をジェイドさんにアメリカの手話で表現してもらったのですが、日本の手話と違うのが面白かったです!
オオカミの表現は似ていましたが、こぶたの表現は違いました。日本の手話は「鼻」のイメージですが、アメリカの手話は「太い首」のイメージでした。

生徒さんも発見がたくさんあったようです^^
アメリカと日本だけでなく、聴とろうの文化の違いもそうですね。

ジェイドさんとの出会いは、私たちにとって喜びで、とても貴重な時間になりました。
アメリカと日本の文化の違いで「この手話表現はアメリカにはない」ということもあったり、またジェイドさんと私たちにとっては、お互いが初めて見る手話ばかりです。
「今の手話はこういうイメージ?」「例えば友達と一緒に飲んで楽しい時に、この手話表現は合ってる?」と一つ一つ確認していき、通じ合えた時の喜びは大きいものでした^^

花井講師の豊かな表情や身振り、見事なCL(手話特有の表現方法)と工夫で、ジェイドさんはすっかり日本の手話を覚えて表現できるようになっていました。

ジェイドさんはとても明るくキュートな女性です。本当にありがとうございました!

以前の私なら、すぐ筆談して文字に頼っていたことでしょう。そうではなく、あきらめずに手で工夫して表現する大切さを学びました。
これから、どんな出会いがあるのでしょうか?とても楽しみです^^

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1