5月19日(金)入門・ステップアップコース

こんにちは。事務局の山家2号です!
早いもので、授業も半分を終えました。みなさんもすっかり慣れて生徒さん同士の話も盛り上がっています^^

さて、今日の入門コース。

(花井講師が書いた絵)

いつもとは違う、花井講師オリジナルの授業でした!
「この風景を、正確に伝えることができるか?」「読み取って、同じ風景を再現できるか?」
表現して伝える人と読み取って書く人に分かれ、読み取ったものをホワイトボードに書いていきます。

もちろん書く側からは元の絵は見えません。表現する人はこの風景を伝えようと一生懸命表現します。
カラオケ・マクドナルド・本屋のお店が並んでいて、富士山には夕日が沈んでいて、さらにその隣には5Fのビルが・・・と位置や特徴を伝えていきます。

ポイントは、表現する人からも書いている絵が見えないようにすること。
もし見えていて、「違う違う、こっちこっち」と教えてしまったら、書く側が混乱する上にイメージして考える力がつきにくくなってしまうのですね(汗)

(風景を工夫して表現する花井講師。)

書く人も、表現する人に質問すること、質問の内容が大事になってきます。
ついつい書いて「こんな感じかな」と思い込んだままになってしまうことがあるので、
「このお店の位置はここで合ってる?」「お店と富士山の高さは同じくらい?」とひとつひとつ確認してコミュニケーションをとっていくことがポイントです^^

結果は・・花井講師が表現したもの(下)が一番近いですね!
お店にはガラスのドアがあって、富士山には雲がこうあって・・と細かく分かりやすく表現されていたのでとても勉強になりました。

表現して伝える側も、空書と同じで自分から見たままを伝えることが大事なのですね。自分側とは逆に表現すると、自分も読み取る側も混乱してしまいます^^;
また、風景をどの視点で見たものなのか?上から?真正面から?それを一番最初に伝えると、書く人もイメージがしやすくなります!

このまま、夜のステップアップコースも同じ内容をやることになりました!
もちろん、伝える風景も細かく難しいものになります。

(質問する生徒さんと、それに答える花井講師。)

表現する側も書く側も、イメージ力、考える力、工夫する力がつきますね。
とても面白くて、発見もいっぱいの授業でした!私もチャレンジしたのですが、頭を使うので脳が活性化するのを感じます(笑)

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1