5月11日(木)初級コース

スタッフ

こんにちは。事務局の山家2号です!
緑の木々のにおいが好きで、息を大きく吸い込みながら通勤しております(笑)

さて、今日の初級コース。

(骨を表現している様子です。)

病院でこわいものは?という話から始まり、注射・手術・骨折などそれぞれの手話表現を学びました。
みなさんイメージや実体験をお話しされていましたが、花井講師の手話表現があまりにリアルだったので「ひえ~」と顔を覆ってしまいました(笑)

CL(手話特有の表現方法)で筋肉や骨の構造・じん帯など分かりやすく表現できるのには驚きました!
手話だけだと分かりづらい部分も説明できますね。

(細~い注射針を表現する花井講師。)

次は、何と「日本の手話を知らない海外の人と会話するには?」をテーマにCL(手話特有の表現方法)を使って工夫することを学びました!
例えば趣味にしても、「日本舞踊」は手話表現しても海外の人は分かりません。着物と帯、舞妓さんのようなお化粧、すり足・・一つ一つイメージを分かりやすく伝えていきます。

どう伝えようか?一生懸命考えるみなさん。私の頭からは煙が・・(笑)

色を示しながら色の手話を覚えてもらった上で表現する、「逆さにした人差し指と中指は、足だよ」と自分の足を指さして意味を理解してもらうなど、工夫することも大事だよと花井講師。

花井講師が実際に体験した外国人の反応を再現したのですが、あまりにリアルでみなさん爆笑でした!日本の手話を知らないので、いくら表現しても「コノ手ハ何デスカ??」となるのですね(笑)

実体験の話は、とてもためになりました!頭から煙が出るくらい一生懸命考えて、表現して、学んで、笑って・・と頭フル回転で若返りそうなこのごろです(笑)

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1