4月15日(土)入門コース・ステップアップコース

こんにちは。事務局の山家2号です!
今日は風が強く、桜の花びらが舞う日でした。桜吹雪はいつまで見られるでしょうか?

まず入門コース。

数字1~1000の表現を学びました。花井講師が3桁の数字を空書したものを読み取り、数字表現していくのですが、「4」「5」などが読み取りにくいことも。
そんな時は、一緒に1~5を空書していき「この数字!」と伝えると、相手も「あ~!」と理解できます。
なかなか伝わらない時は、工夫も大事ですね^^

次は、「あなたの誕生日は?」「星座は?」「干支は?」「血液型は?」の質問と回答の表現を学びました。
誕生日が近かったり、血液型が同じだったり盛り上がりました^^

この時、会話のキャッチボールをする時に質問や回答を膨らませる(引き出す)ことが大事だよと花井講師。

たとえば、「あなたの誕生日は?」「1月11日です」「へえ!全部111なんだね、運が良さそう!」
「あなたの星座は?」「獅子座です」「強そうだねぇ~(笑)気も強かったりする?」「はい、強いです(笑)」
ただ質問して答えて終わったり、どんどん次の質問に進むのではなく、このように会話のキャッチボールを続けると相手をより知ることができ、コミュニケーション力がアップします^^

 

次はステップアップコース。

昔話の「浦島太郎」をいくつかのシーンに分けて、手話表現することにチャレンジしました。
2人組になって相談しながら、交代でシーンを表現していきます。
今回は、「浦島太郎が亀と出会う」シーン、「亀に乗って竜宮城へ行く」シーン、「竜宮城で乙女と出会い、楽しく暮らす」シーンでした。

この時大事なのは、CL(手話特有の表現方法)で風景を表現すること。浜、まぶしい太陽、主人公と亀の位置や動きなど、分かりやすく表現することが必要になってきます。
そしてさらに、昔話どおりにきっちりやらず基本はそのままに、話をふくらませて面白くすると良いよと花井講師。
確かにそのまま表現しても良いのですが、それでは何の変哲もなく眠くなってしまいます・・。

そうすると、生徒さんの面白いアイデアが飛び出しました!
「亀を助けるか迷う浦島太郎」「竜宮城が自動ドアで開いた」「竜宮城に入るとミラーボールがあった」「実は乙女は結婚していた」など・・爆笑ものでした。

こうして楽しみながら、表現力を磨くことができます^^
それにしても、風景がそのまま浮かび上がってくる花井講師の手話表現は本当にすごいです!!

Share this
Facebook
Twitter
Related Posts:
1