まもなく 二期・7月〜9月期が開講します!

こんにちは、事務局長の山家誠司です。 二期開講に向けて、体験レッスンのお申し込みが続々と届いています(^^) 教室で皆さまとお会いできるのを楽しみにしています。 さて、 より快適に、楽しく、安心して通っていただける教室作りを目指して、 二期から追加するサービスをご紹介します。 ●振替チケットのバリエーションが増えます。 受講生の皆さまから好評いただいている『曜日振替制度』 二期より、従来のメニューに加えて、「2枚セット」「7枚セット」が加わることになりました。 <追加> ・2枚セット:1,500円(有効期限6ヶ月) ・7枚セット:3,000円(有効期限12ヶ月) <従来通り> ・1枚のみ:1,000円(有効期限6ヶ月) ・4枚セット:2,000円(有効期限6ヶ月) ・10枚セット:4,000円(有効期限12ヶ月) ※料金は全て税込価格です。 ●事務局用LINEアカウントの発行(受講生の方限定) 多くの受講生の方が、LINEをご利用されていることがわかりました。 そこで、二期より電話・メールに加え、LINEでも事務局へのご連絡が対応可能になりました。(※受講生の方限定です。) 夏は、台風などの悪天候が予想されるため、やむを得ず休講とさせていただく事も考えられます。 その場合に備え、より速やかで確実な連絡手段でお知らせできる体制を整えておきたいと考えています。 もちろん、これまで通り電話・メールでも対応可能ですので、LINEをご利用になれない方もご安心ください。 以上になります。 二期もよろしくお願いいたします(^^)

続きを読む

一期・4月〜6月期が無事に閉講しました。

事務局長の山家誠司です。 昨日、6月16日(金)をもって、一期(4月〜6月期)が閉講となりました。 あらためまして、受講していただきました皆さまと、ご体験にいらした皆さまへ、心から御礼を申し上げます。 ありがとうございました。 思い返してみれば、 オープン前の3月に開催した体験会から、昨日までの3ヶ月。 その1日1日が濃く、こんなにも記憶に残る毎日は大人になってからは初めてかもしれません。 だからなのか、この3ヶ月間はとても長く感じました。 受講生の皆さんはどうだったでしょうか? これまで、他の手話サークルや講習会などで手話を学ばれてきた方もいれば、手話がまったく初めての方もいました。 それこそ、習い事そのものが大人になってから初めてという方もいらしたみたいです。 ご家庭での自分。 職場や学校での自分。 そして、新たに手話教室での新しい自分を見つけることができた方も、もしかしたらいるかもしれませんね。 ぼくは、16年前に手話と出会い、新しい自分を見つけました。花井講師と出会ったのはその1年後くらいです。 あの時もし手話と出会っていなかったら。。 花井講師と出会っていなかったら。。。 いまの自分はいなかったと言い切れます! このように、皆さんに向けてブログを書くこともありませんでしたし、手話教室そのものが存在してなかったかもしれません。 そう思うと、なんだか怖くなります(笑) 手話教室の運営は、もちろん人生初めての事。 ですので、時には不手際な点があったことは包み隠さず、真摯に受け止めて反省し、今後に生かしていきたいと思います。 それでも、こうして無事に今期を閉講することができたのは、なにより受講生の皆さまからの温かいご支援があったからこそです。 「7月からの手話教室も楽しみにしてます。」 というお言葉に、どれだけ勇気づけられたかしれません。 手話教室オープン時から。。。いや、オープン前から、講師もスタッフも全力で駆け抜けてきました。 ですので、今日から7月までの約2週間、しっかりと体を休める充電期間とさせていただきます。 7月からは、よりパワーアップした手話教室で皆さまをお迎えいたしますので、どうぞご期待ください! 引き続いて受講していただく方も、これから初めて体験にいらっしゃる方も、 講師・スタッフ一同、心よりお待ちしております。 これからが夏本番! 猛暑が続く日々が予想されますが、皆さまご自愛ください。

続きを読む

6月16日(金)ステップアップコース

こんにちは。事務局の山家2号です! いよいよ、本日が4月~6月期最後の授業です!! さて、今日最後のステップアップコース。 恋愛・結婚による「男女のズレ」をテーマに意見交換し合い、適切な表現を学びました。 例えば、「自然消滅」。対応手話だと「自然」+「消滅(消える)」という表現になるのですが、「自然」も「消える」も意味がとても幅広いので、逆に分かりづらかったりするのですね。 そこで日本手話ではイメージで表現します。「だんだん会う回数も減り・・」何だか切ないです。。 生徒さんたちも昔の淡~い恋を思い出していたことでしょう^^ 花井講師は、友達と心を開いてコミュニケーションすることで「これって普通なの?」「みんなはどうだったの?」と自分1人だけでは分からないことが、初めて分かると話していました。 確かに・・!私も恋や仕事・聴者とのコミュニケーション方法など、悩みを友達に話したり相談することで「自分だけではないんだな」「なるほど、やってみよう!」とたくさん助けられたものです^^ (「一生」の手話表現をする花井講師。) そして話の流れから、「人生」と「一生」の話になりました。もちろん手話表現は違います。 間違えて、逆に覚えてしまわないように注意です! 花井講師がこの手話表現を使って「人生で一番悔しかったことは?」と生徒さんに聞いてみると「部活で負けたこと」という回答が多かったです^^ 「じゃあじゃんけんで負けたら悔しい?」と掘り下げてみると、「悔しい!」という生徒さんもいて盛り上がりました(笑) 3ヶ月間、本当にお疲れさまでした!

6月13日(火)ステップアップコース

こんにちは。事務局の山家2号です! 今日は久しぶりに雨が降り、涼しい一日でしたね。 さて、今日のステップアップコース。 最近ニュースになった事故を、CL法(手話特有の表現方法)を使って分かりやすく表現することを学びました。 高速を走っていた乗用車が、バスに突っ込んで多数のけが人を出した事故ですが 事故までの流れ(乗用車がぶつかった勢いで高く飛び上がり、バスに突っ込むまで)の表現が難しく、みなさん一生懸命手を動かして考えておられました。 この時、CL法だけでなく位置関係や表情も大事になってきます。 表現する際のリズムも大事だよと花井講師。 (乗用車がぶつかった勢いで高く飛び上がるまでを表現する花井講師。) バスと乗用車の位置、乗用車がぶつかった勢いで高く飛び上がる様子、バスに突っ込みガラスが割れる様子、バスの運転手の表情・・・一つ一つをリズムよく表現していきます。 ぶつかる衝撃を表現する時、表情が普通だと軽く見えてしまいます。大きな事故だということが伝わりません。 「うわーぶつかる!危ない!」その感情が伝わるような表情がポイントです! ニュースや時事・生活・ありとあらゆるものをCL法で工夫し表現を重ねることで、豊かな表現力が身につきます^^ 3ヶ月間、本当にお疲れさまでした!

6月9日(金)通訳コース

こんにちは。事務局の山家2号です! いよいよ来週で4月~6月期の授業が全て終わると思うと、不思議な気持ちです。 さて、今日の通訳コース。 自由なテーマでCL法(手話特有の表現方法)を使った表現を3つ考え、ビデオ撮影して手話表現を確認しました。 通訳は、翻訳(日本語を日本手話で表現)する際に内容把握・素早い対応力・手話表現力が大切になってきます。どれか欠けると分かりづらくなり、ろう者に伝わらなくなってしまいます。 できるだけ分かりやすく、CL法を使っていかに表現できるか?数を重ねて慣れる必要がありますね。 翻訳して同じ情報量をろう者に伝えられるのが理想なのですが、現実は翻訳の問題により情報量を減らされたり大事な情報が省かれてしまい、ろう者は結局分からないままで困るということが多いそうです・・>< (撮影準備をする花井講師と、CLを使った表現を考える生徒さん。) 一番難しかったのがセミの表現でした。 「暑い夏の夜、寝ていたら窓に何か当たる音がした。何だろう?と窓を開けたらベランダに落ちて羽をばたつかせているセミがいたので、拾って外に逃がした。」 セミが飛んで窓に当たった際の音はどう表現するか?落ちて羽をばたつかせているセミをCLで表現すると?様々な工夫が必要になってきます。 それにしても、季節を感じられる内容でいいなぁと思いました^^ 様々なCLを使った表現に慣れていって、工夫して豊かな表現ができるようになりたいものですね^^

続きを読む

6月7日(水)初級コース

こんにちは。事務局の山家2号です! 梅雨寒が続きますが、雨の中でも紫陽花が元気いっぱいに咲いています^^ さて、今日の初級コース。 2人組になって、自由なテーマでCL法(手話特有の表現方法)を考え、お互いに意見を出し合って表現を磨きます。その後、各自考えたCLの発表です! 自分1人だけで考えると限界があり行き詰まってしまいますが、2人組になることで様々なアイデアが出てきたり意見交換ができ、お互いの表現を確認し合うことで発見もあり、さらに上達につながります^^ (花井講師のCL。右手で犬・左手で人を表しています!) ある生徒さんが、「犬の散歩していたら雨に降られ濡れてしまい、家に帰って犬を洗い乾かす」内容をCLを使って表現しましたが、CLで犬はどう表現したら良いのか難しく、手を緩くグーにして犬っぽく走らせたり色々工夫されていました^^ 分からなくてもまずやってみて、分かりやすく適切な表現を考えることも大事ですね。 そこで花井講師が親指・人差し指・中指を曲げて犬を表し、みなさん「なるほど!!」と頷いていました^^ 片手なので犬が走る様子が分かりやすいだけでなく、走るスピードも細かく表現できます! また雨に濡れた様子を表現する時は「雨でビショビショ・・イヤだ~」という表情も忘れずに。 普通の表情で表現してしまうと、何なのか分かりづらくなってしまいます。 次は花井講師と生徒さんの表現リレーです。まず花井講師が表現したもの(例えばカバンや厚い箱など)を生徒さんに渡す表現をします。生徒さんはそれを受け取り、何なのか自由に予測して開けたり動かしたり色々な表現をします。 発想やイメージ力・対応力が鍛えられますが、内容も幅広く楽しいものです^^ 花井講師が正方形の厚い箱を渡す表現をしたところ、受け取った生徒さんは「開けると・・きれいなネックレス!嬉しい」と表現しました。表情も良く素敵だったのですが、すかさず「ネックレスは正方形ではなく長方形の箱だよ」と花井講師から鋭いツッコミが・・(笑) なるほど!実際にあるもののイメージをして、細かく表現することが大事なのですね。 いよいよ来週は4月~6月期最後の授業です! みなさん、一緒に楽しく頑張りましょう^^

続きを読む

6月5日(月)入門コース

こんにちは。事務局の山家2号です! 今日は涼しく、過ごしやすい一日・・と思っていたら夕方突然雨が降り出して、淡~い虹を見ることが出来ました!^^ さて、今日の入門コース。 イメージ力と対応力を高めるため、花井講師と生徒さんで表現リレーをしました。 まず花井講師が表現したものを生徒さんに渡します。渡された生徒さんはそれを受け取り、何なのかを予測しどのように使うか表現します。 例えば、花井講師が四角・脚を折り畳む様子を表現し、それを「はい」と渡します。渡された生徒さんはそれをテーブルと予測し、受け取った後に脚を元に戻してひっくり返し、紙に字を書いたりお茶を飲んだり・・自分で考えてテーブルを使っている様子を表現します。 そこで、大切なのが流れです!テーブルでお茶を飲む時、いきなりお茶が出てくるのではなく、お茶を入れて持ってきてテーブルに置く様子も表現するのを忘れずに^^ 細かく丁寧に表現することで、分かりやすく伝えることができます! 次に、生徒さんの一人が水族館に勤めているとのことで、水族館の天井の高さや水槽の形など表現の練習をしました^^ 右手で天井、左手で人を表します。これがCL法(手話特有の表現方法)です! 右手の位置で、天井の高さを表現できます。 さらにさらに! やっぱりCLは見て分かりやすいので、すごいです^^

続きを読む

NA花井盛彦手話教室は『岩手県野田村の協賛店』です!

事務局の山家誠司です。 突然ですが、岩手県は野田村をご存知ですか? 数年前、NHKの朝ドラ「あまちゃん」の舞台となった岩手県久慈市。 そのお隣が野田村になります。太平洋沿いには、三陸鉄道が走ってますよ。 3年ほど前、テレビを通じて野田村を知り、夫婦で訪れました。 それ以来、野田村の方々に、とてもよくしてくださっているんです。 いまではすっかり第二の故郷になりました。 日本全国の旅人に愛される野田村の宿『苫屋』さんには、なんと手話教室のチラシが置いてあるんですよ。すごい! 関東エリアからお越しのお客さんにチラシを配ってくださっているとのこと。感激です! そんな優しさであふれる野田村の皆さんへ、なにか恩返しできることがないかな、、、とずっと考えていました。 そして、ついにその時がきました! 野田村と手話教室のコラボレーションが実現!! NA花井盛彦手話教室は『野田村の協賛店』となりました。 村長の直筆で交付される「心はいつものだ村民登録証」をお持ちの方を対象に、 手話教室の体験レッスン料金を無料とさせていただく特典をご用意いたしました!! ぜひ、三軒茶屋の手話教室にお越しください(^^) ↓「心はいつものだ村民登録証」の詳細はこちら(野田村役場ホームページ) http://www.vill.noda.iwate.jp/miraidukurisennryaku/115.html そして、これまで野田村をご存知無かった方も、 ぜひ一度、野田村へ足を運んでみてください。 野田村に精通したガイドが手話教室の受付に待機しています(笑) オススメの観光スポット・グルメをご案内します! 「心はいつものだ村民」No.495 山家誠司より。

続きを読む

6月2日(金)ステップアップコース

こんにちは。事務局の山家2号です! あちこちであじさいが咲き始め、季節の移り変わりを感じるこのごろです^^ さて、今日のステップアップコース。 どんな話でも良いので、短くまとめて伝える!練習にチャレンジしました。 CL(手話特有の表現方法)、表情、ロールシフト、身振りを組み合わせて、リズムよく表現することで短く明確に伝えることができるのです! 短くまとめることは難しいですが、より分かりやすい手話表現を磨くことにつながります。 例えば、「テレビで観て、パクチー専門のお店が集まるイベントがあることを知った。パクチーはクセがあって苦手な人が多いけれど私は好き。でもそのイベントは6月4日までなので都合が合わず行けない。」 これをもし日本語対応手話でやると長くなり、分かりづらくなります。 またパクチーを指文字で表しても分からない人もいます。日本手話で「緑の葉/においや苦み/タイ料理/麺/パッパッ」とイメージを伝える方がとても分かりやすくなりますね。 手話だけでなく話す内容も大事になってくるのですが、生活の中の感情や経験などヒントはいっぱいです。 全く思いつかず悩む生徒さんたちに、「CL難しい、表現できなくて悔しい気持ち・上手になりたいという向上心も大切だよ」と花井講師。 そこで生徒さん同士でどうしたら良いか?方法を考えて意見を出し合います。話していく中できっかけやヒントが見つかり、次につながります! 失敗してもいいから、まず手を動かしてみることが大事なのですね^^ せっかくの授業の時間。分からず黙ってしまったり、手を動かさないでいるのはもったいない! 分からないことはどんどん質問して、手を動かしていきましょう^^ と言っても、花井講師の手話表現があまりに明確で見事なので、私もみなさんもあんぐり口を開けてしまいます・・(笑) 同じように表現⁉難しい~!ムリムリ~!なんて思わずに、少しでもその表現に近づけるように真似したり、身につけていきたいものですね^^

5月31日(水)初級・コミュニケーションコース

こんにちは。事務局の山家2号です! 31日は、サーティワンアイスクリームの日だと思うのは私だけでしょうか?(笑) さて、今日の初級コース。 「もし自分がろうだったら?」生活で困ることを想像してもらいました。 生徒さんから様々な回答が出て、花井講師が自身の経験を元に説明します。 ■インターフォンの音が分からない →音を知らせるランプがあるけれど、トイレやお風呂まではつけられないため、荷物を受け取る時は部屋でランプがつくのを待つしかない。 ■聴導犬 →生活の中の様々な音を教えてくれるけれど、アレルギーや世話する人がいない・入店を断られるなど問題がある。 ■引っ越し →聴者もろう者も大変なのは同じだけれど、ろう者の方がもっと大変。 電話できないためメールだと待たされる・契約の話が長いため筆談だと時間がかかってしまう・通訳をお願いしたくてもすぐお願いできない・保証人は家族・親族の聴者でないといけないなど様々な制約がある。 もっと困る!!のは、不動産・特に大家がろう者に理解がなく、「ろう者はダメ」と契約を断られてしまうこと。 都営住宅やUR賃貸住宅などは可能でケースはまちまちですが、自由に好きな場所を選んで住むことさえ難しいのが現状です。 生徒さんたちも「知らなかった!!」と驚いていました。 花井講師は一人暮らしが長いので、生活や引っ越しで困ることが多かったと話していましたが 私は一人暮らしの経験がなく、電話など聴者の家族に力を貸してもらうこともあります。もし一人だったら・・?とても厳しいと思います・・。 私が言えたことではないですが、家族や地元から離れ、自立して頑張っているろう者はたくさんいます。もっと理解が広まってほしいと願うばかりです。 次はコミュニケーションコース。 コミュニケーションコースはレベルも様々で、内容も会話を楽しむだけでなくコミュニケーション力やCL(手話特有の表現方法)を磨くなど、とても幅広いです! 会話から色々生まれますが、分かりやすい手話表現を心がけることも大切ですね。 生徒さんの中にはサークルや講習会に通ってらっしゃる方もいたので、勉強の内容など教えてもらったのですが日本語対応手話がほとんどでした。 サークルや講習会・本などは「日本語対応手話」が多く、ろう者の自然な手話がこわれてしまいます。 せっかく手話を勉強したのに、ろう者と通じない・・。それは「日本語対応手話」と「日本手話」の違いによるものかもしれません。 実際にそれを経験されて、花井講師のもとで日本手話を学んだらろう者と通じるようになった!と話してくださった生徒さんもいらっしゃいました^^ 日本手話はイメージを大事にして表現するので分かりやすく、海外の人とも通じ合うことができます! 私も日本語対応手話しか知らなかったのですが、日本手話の分かりやすさ・表現の豊かさに感動しました。 ぜひこれからももっと、日本手話の良さや素晴らしさを知ってもらいたいです^^

5月30日(火)ステップアップコース

こんにちは。事務局の山家2号です! もう5月が終わり、GWからあっという間でしたね。 さて、今日のステップアップコース。 (花井講師の面白すぎる表現にみなさん、身をよじらせて笑っています笑) テーマは「CL(手話特有の表現方法)を磨く!」でした。 例えば「いやがって前に進もうとしない犬を、飼い主が引っ張る」様子をCLで表現するには? みなさんでより良い表現を考えて、意見を出し合います。 例えば、人差し指と中指を立てたピースを逆さまにしたら、人間が立っている様子を表すことができます。 では犬は・・?両手を使って四足を表してみせたり、みなさん一生懸命考えてらっしゃいました。 しかし、両手で表すと分かりづらかったり、スピード感が出せません。 「四足にこだわる必要はなく、雰囲気が伝われば良いよ」と花井講師。 (この表現は、目からウロコでした・・!)」 CLだけでなく、表情や身振りも一緒に組み合わせるが大切なんですね。 犬のイヤイヤという顔と、飼い主の困った顔(表情)、 前に進まないで踏ん張る様子、引っ張る様子(身振り)をCLと組み合わせることで、初めて流れができてとても分かりやすくなります! いきなりCLだけ表現しても、人差し指で人間、逆さまにしたピースで犬を表しているということや流れが分からないので「これは何?」「何が起こっているの?」となってしまうのですね。 (CL難しい・・と悩む生徒さんに、花井講師が左手で「C」、右手で「L」を作り、それが頭にのしかかる様子を表現しました笑) 慣れてくると頭にのしかかった「CL」は軽くなり、表現できるようになっている!というオリジナルのストーリーでした^^ 確かにCLは難しいですが、花井講師の表現をただ見ているだけではなく、真似て自分で手を動かして表現してみると、意味やコツをつかんで理解できるようになります! CLは想像力・イメージが大切になってきます。 慣れてくると、スピード感や臨場感など、表現の幅が広がります! 確かに花井講師のCLは見事で、見ていて楽しいのですが それだけではなく自分も表現できるように、繰り返し身につけたいものですね^^ 一緒に楽しく頑張りましょう!

12345